ゲストさん [ログイン]
大学研究& [OKV] 分析ツール 産学連携 企業別に産学連携を分析ー日本電信電話(株)

企業別に産学連携を分析ー日本電信電話(株) [印刷用 タイトルあり] [タイトルなし]

企業別に産学連携を分析ー日本電信電話(株)

分析方法

1.大学特許から出願人が2以上の特許を絞り込み → 共同出願特許
2.出願人別に集計 → 産学連携特許の全体と出願人別に把握
3.企業別、大学別に産学連携の規模が把握できます。
4.特定の大学や企業を選んで、ネットワーク図などで可視化して見ると、関連が一目で把握できます。

分析結果(例、日本電信電話(株), NTT)

NTTは産学連携特許がもっと多い企業なので、NTTの産学連携特許の内容を把握して見ました。

産学連携特許を分析すると、
企業にとって主要大学と関連する技術テーマ、大学にとって主要企業と関連する技術テーマが把握できます。
関連する技術テーマを分析すると、どの大学がどの技術テーマに強いのかが把握できます。

以下に一部の結果をアップしました。

分析結果 

図1.NTTの年度別出願特許推移(産学連携特許 1991年~2016年7月分まで集計)
NTTの産学連携特許は年々増えていることが把握できます。


図2~図5は、NTTにとって主要大学と関連する技術テーマはなにかを表しています。

各図で、左上は特許件数を表示、左中はNTTと共同出願した機関名(大学、企業等)を件数が多い順に表示、左下は関連するFターム・技術テーマを件数が多い順に表示しています。


図2の分析結果を見ると、

図2の左上から、NTTの産学連携特許は、1,016件であることが把握できます。

図2の左中から、NTTにとって主要大学は、京都大学、大阪大学、東京大学、慶應義塾、東北大学順に把握できます。

図2の左下から、NTTにとって主要技術テーマは、広域データ交換、移動無線通信システム、光集積回路、機械翻訳、半導体レーザー順に把握できます。


図3~図5は、NTTにとって主要大学である京都大学との関連図、大阪大学との関連図、東京大学との関連図をそれぞれ表しています。

図3~図5から、京都大学との関連図は、他大学との関連図に比べて大きく異なっていることが把握できます。詳細分析を行うと産学連携と関連する技術内容が把握できます。


各図をクリックすると拡大できます。

 

図2. NTTの産学連携ネットワーク図: 全体
図2. NTTの産学連携ネットワーク図: 全体
図3. NTTの産学連携ネットワーク図: 京都大学との関連
図3. NTTの産学連携ネットワーク図: 京都大学との関連
図4. NTTの産学連携ネットワーク図: 大阪大学との関連
図4. NTTの産学連携ネットワーク図: 大阪大学との関連
図5 NTTの産学連携ネットワーク図: 東京大学との関連
図5 NTTの産学連携ネットワーク図: 東京大学との関連

アクセス数 0 (0)
ウォッチ数 0
読み きぎょうべつにさんがくれんけいをぶんせき...
作成者 anzenmon
作成日時 2016年9月10日 11:19:36
最終更新者 anzenmon
最終更新日時 2018年4月28日 19:06:50
スキーマ (なし)